一般的な溶接の種類

Tig タングステン・イナートガス・アーク溶接

電極がタングステンでできており、放電による電極の消耗が少ない。シールドガスにアルゴン等のイナートガス(不活性ガス)を使用している。ステンレスの薄板等に使用されています。よく工場内で、アルゴン溶接と呼ばれているのがこの溶接です。

Migメタル・イナートガス・アーク溶接

電極自体が溶ける事により溶接していきます。シールドガスにアルゴン等のイナートガス(不活性ガス)を使用しておりアルミの溶接に使用します。

MAG メタル・アクティブガス・アーク溶接

電極自体が溶ける事により溶接していきます。シールドガスにCO2等のアクティブガス(活性ガス)を使用しています。よく工場内で、炭酸ガス溶接と呼ばれているのがこの溶接です。