塗装について

塗装の目的・特長

塗装の目的(期待される効果)は大きく次の3つに大別できます。

(1) 防錆(物の保護)

塗料は、物の表面に塗装すると丈夫な被膜となって物を保護します。鉄は、素地のままでは錆が発生し、物の劣化・損傷が発生、放置していると構造物の破壊や環境悪化等の重大な問題につながる可能性があります。ところが、塗装をすることによって、表面を保護し、物を何倍にも長持ちさせることができます。また塗装(塗料)は、補修、塗替えといった比較的簡便な方法で物の長期保護をすることができるのも特徴です。

(2) 装飾(物の美粧)

“物の美粧”はいろいろな手段で実現することができますが、塗装ほど豊かで多様な色彩、光沢、模様等自在な仕上がり感が簡便な方法で得られるものは他にありません。凹凸が表現できるハンマートン模様、光沢のあるメタリックカラーやステンレス材に施すクリア塗装などはその代表的なものです。

(3) 特別な機能の付与

塗装(塗料)は、物の表面の機能を色々と変えて物の価値を高めることができます。例えば、抗菌や防カビを目的とした抗菌塗料・電子機器等によく使用される防塵塗料などはその代表的なものといえます。最近では、病院・ホテル等でも使用される結露防止塗料の他、 電磁波遮蔽、ガラス飛散防止、耐熱、防音等、様々な目的のための塗料も提供できるようになってきています。

“物の保護・美粧”という面から見れば、塗装の特長(長所)としては、
大きく以下のようなものが挙げられます。

① 簡単に施工ができて色彩が豊富
② 物の形状や寸法、重量に変化を起こさせない
③ 塗替え(修復)が比較的簡単
④ 他に比べると設備が少なくてすみ、単価が安い