各種加工

機械工程(NCタレットパンチプレス)

NCタレットパンチプレスとは多数の金型が装着可能な、円盤状のタレットと、ワーク(被加工体)を保持するクランプ等とを数値制御(Numerical Control)し、ワークの所定の部分に、穴あけ加工、成形加工等を行う機械の事です。
1枚のスケッチ材から1つの部品を加工する方法から、1枚の原板から複数の部品を加工するネスティング(板取)加工とがあります。前者は歩留まりが少ないのが特徴ですが、加工部品が変わる度に、NCデータの入力が必要になってきてしまいます。一方後者の方は、一度のデータ入力で複数の部品が加工出来るメリットがありますが、歩留まりの問題があります。製品により、最適な加工方法を選定し、加工する事が必要となってきます。

機械工程(レーザー加工)

レーザーとは(Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation)の頭文字を合わせたもので、「放射の誘導放出による光の増幅」という意味である。レーザー加工とはその名の通り、光のエネルギーを小さな面積に集約させる事により、大きなエネルギーを発生させ、ワークを溶融する加工の事である。NCタレットパンチプレスでは、加工が困難な厚板シートの加工や曲線などの複雑な形状のカット・切欠き・穴あけ加工に適している。カエリもほとんど発生しない。

機械工程(シャーリング加工)

シャーリングとはいわゆる“切断”のことです。当社では、切板(スケッチ材)からの加工だけでなく、原板(定尺材)から必要寸法にカットすることも可能です。 特にSPCCやSECC等のよく使用するスチール材については、“社内切り”することが 多いです。(ステンレス材は、基本的に社外切りにて対応しています) 切断の際に大切なのは、“きちっとした寸法を出すこと”です。たて、横、対角の寸法を出し直角を出すことが要求されます。 また昨今のリードタイム削減の需要にレスポンスするには社内でのシャーリング対応が必要不可欠になっています。

機械工程(NCベンダー加工)

NCベンダー加工とは、いわゆる“曲げ加工”のことで、その加工機をNCベンダー(ベンディング)マシン、プレスブレーキと呼びます。NCに板厚、曲げ角度、曲げ寸法、などを入力することによって、精度の高いベンド加工がなされます。 基本的にNCタレットパンチプレス工程の次の工程となることが多く、次工程は、組立溶接工程になることが多いです。ロッカー・筐体などのスチール家具における溶接組立のし易さ、完成度は、この曲げ加工の精度(できばえ)に拠るところが非常に大きいといえます。言い換えれば、いかに直角や指定角度に曲げることができているかが大切になってきます。